ファンクラブやグッズの仕事

人気が出てきた芸能人

テレビや雑誌の露出が増え、一定多数のファンを獲得できた頃にはファンクラブを設立すると思います。
芸能人やマネージャーは忙しく、ファンクラブにまで手が回りません。
そこでファンクラブ運営を、他の人に任せます。
芸能界とかかわりがある仕事なのでで、具体的にどのような業務を担当するのか調べていきましょう。

まずファンクラブが盛り上がるように企画を考えたり、ファンマガジンを作成したりします。
ファンの方の入会や退会の受付を行ったり、芸能人の活躍をファンが追えるようホームページを作成したりするのも仕事です。
芸能人がコンサートやライブをするなら、ファンクラブで先行販売するかもしれません。
その時の作業もファンクラブ運営の1つ、マネージャーの役割になります。

需要があるグッズを考えよう

アクリルキーホルダーや応援うちわなど、芸能人のグッズを考える仕事もあります。
企画してから実際に制作し、販売するところまでが仕事です。
デザインを考えるだけでなく、完成したグッズに不備がないかチェックすることも欠かせません。
さらに出荷したり、管理したりすることもグッズ制作の仕事です。
コンサートやライブでグッズを売る場合は、販売ブースを設営することもあります。

グッズはファンに届けるものなので、ファンにとって需要があるものでなければいけません。
誰も必要だと思わないものではグッズが売れず、芸能人の活動資金を集めることができなくなります。
またグッズが売れないと、周囲からその芸能人は人気がないと判断されることがあります。


B!